こんにちは!suginorlです!

昨日開催されましたF1スペイングランプリのレビューです。

序盤で3台が絡む事故が発生し、セーフティカースタートとなりましたが、ルイスハミルトン選手がポールポジションスタートから安定の走りでゴールしました。

事故では怪我がなくてよかったのですが、トロロッソのガスリー選手がリタイアとなり、レッドブルの来シーズンでのホンダエンジン採用に向けたデータが取れなかったのは、今後どう響いて来るのか気になるところです。

前回の記事で私は「この手のサーキットでは資金力のないチームが活躍」云々と言ったのですが全然そんなことなかったでした。すません。。

ただ、アルファロメオザウバーのルクレール選手が2戦連続の入賞を果たしてます。彼は生粋のモナコ人です。そんな人いるんですね。

私としてはフェリッペマッサ選手、ロバートクビサ選手そしてザウバー創始者のペーターザウバーさんの顔が観れたのがとても嬉しかったです。

同窓会のようなレースでした。

では、また後日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA