こんにちは!SUGINORLです。

今週末はついに2018年のF1がはじまりますね!

ということで、今日はオーストラリア・グランプリのコースを走ってきました。(といってもゲームの中ですが。。。)

 

今見たら何言ってるかわからないところがある。。。反省です。補足します。

  • アルバート・パークサーキットは、人口湖の周りにある公演を利用したサーキットです。
  • DRSは、羽の向きを変えることで空気抵抗を減らし、直線などでスピードを出しやすくするための仕組みです。
  • 最終コーナーは、ゆるいようで、ハンドルを切りきっても曲がれなかったりします。

2018年の変更点

映像はPS4の「F1 2017」を使っていますので、去年のものですが、今年は大きく以下が変更になっています。

コース:DRSが使えるゾーンが増えています(2箇所から3箇所)

車体:運転席の頭の周りにHaloという部品がついています。

詳しいサイトがありましたのでリンクを貼っておきますね!

F1開幕直前 今年のマシンにつけられたHaloってなに? 【世良耕太のモータースポーツ深層解説2018】
https://motor-fan.jp/article/10003512

いや~日曜日が待ち遠しですね!

それではまた後日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA