さて、今日の2つ目はいわゆる仮想化です。まあ簡単にいえば
「パソコンの中にパソコンを作る」っていうことをやりたいというわけでして・・・でこの目的は

開発したいけど
Mac本体でやるのはなんか怖い!

というへたれな理由なわけでして 笑
しかも

なんとかタダで

という関西人特性もでたわけでしてそんな感じです 笑
ってなわけで早速それをできるソフトを探すことに。。。

一般的に利用されるのはVMWareとかParallels Desktopとかいうソフトです。特にVMWareは、様々な現場で使用されていて、実績もあり、ミッションクリティカルな場面での仮想化にも使用されるすばらしいソフトなんですが、有償です。

残念です。

というわけで、これは断念しました。
(ちなみにWindowsならVirtualPCという選択肢もあります)
そこで登場するのがVirtualBoxです。これはよくわかりませんが
とりあえずタダで仮想化をやらしてくれるソフトです。
そうです。やらしてくれるんです。

で、早速インストール。ダウンロードしてマウントしてインストールというmacお得意のあれです。

インストールすると、早速HDの定義ファイル的なものを作ってやり、適当にダウンロードしたLinuxのディスクイメージをあててやると、、、動きましたよ!
ということで、早速導入。Ubuntuを入れて、、、
ピクチャ 2
これで完了、2つ同時にFirefoxでyoutubeを見ています。
前のPCより仮想環境のほうが快適という・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA