「日本の国際的役割優先」=早期解散に慎重姿勢-麻生首相内外会見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081025-00000100-jij-pol

この話ですよね~。またいつもの「ネット世論」ですが、今回は思いのほか2つに割れているようです。確かにこの中解散したら大変なことになるとかいうのもあるかもしれません。逆に今解散しないのは逆に与党が自分の「政局」を守ってるだけなんじゃない?という考え方もあるわけで。

ただ、この話、まあ言い換えてみれば、「国民に大きな混乱が発生するから。。。」というわけになるわけで、これってあべ先生の時から話が変わってないわけで。

そもそも、ここまで解散はなかったものの首相が歴代トップ2を記録するありえないやめ方で辞めたのに、混乱が起こらなかったわけで、なんか別に選挙してもあんまりなんてことないんじゃない様な。

っていうかあんまりホッタラカシにしてたから、もはや政治家がどうこうしてどうなる問題じゃないような気がするわけなんですが。

っていうかもはや解散してもしなくても情勢は絶対に変わらない確信すら僕にはあります。

で、まあいわゆる「ネット世論」はマスコミが解散させたがってるから・・・って言ってるわけですが、ただマスコミ側から見ればここ2年間は振り回されてるわけで。まあある程度感情的になるのも理解できます。

で、まあ思うわけなんですが最近の政治家の人たちはマスコミを軽視しすぎな気がします。で、そこまで軽視するぐらいやったら佐藤栄作首相ぐらいまで貫いたらいいのになんやら微妙に利用してやろうという中途半端な野心を持つからこんなことになるんじゃないでしょうか。

まあいずれにしろ、面倒くさいからっていって後回しにするのはよくないってことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA